ズバリ核心

 テレビや新聞をにぎわす政治の話題・・・だらけです。残念!
ここ数年は、農業新聞の日曜版をよく見ます。
1月12日の2面の「ズバリ核心」小林吉弥には、
国内開催のオリンピックの後には、“五輪の呪い”というべきものもあり、政変すなわち政権交代があるということである。
前回、1964年「東京五輪」の翌日には、池田勇人首相の退陣表明、72年冬「札幌五輪」では佐藤栄作首相、98年「長野五輪」では橋本首相が退陣。過去3回全て“ジンクス”が発生。
さらに、子年は戦後5回の政権交代となっている”ジンクス”もある。
大荒れが避けられない2020年政局を、予想せざるを得ないということである。
呪いやジンクスを信じる方ではないけれど、米とイランの関係でミサイルが飛ぶなんて、国際情勢も波乱あり、政治から目が離せない。

 

やまね温子の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です