穏やかな年でありますように

 穏やかに明けた令和2年と思いきや、子年の年明けから、世界情勢が慌ただしくなってます。
子年には、政権交代のジンクスもあると言います。また、東南アジアでは、ネズミがスターになるとも???
ちゅーぴー子ども新聞1月号 広島市安佐動物公園元園長 福本幸夫さんの「眼からウロコの動物話」に、
「ネズミの仲間は、物をかじるのに適した歯と顎が特徴。また、ネズミの肉は結構おいしいということで、東南アジアでスター印のネズミの缶詰が売られていたと‼️ スター印は、英語のstar(星)を逆に読むとrats(ラッツ=ネズミ)というダジャレということだ。」とのお話。
子年の記念歯型   子年の記念に、我が家の母屋にも降臨、素晴らしいかじりっぷりです。
ほんと、お正月からびっくりポン。
福本さん、ネズミがスターになる世界、世界は広いですね。

やまね温子の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ズバリ核心

次の記事

寄稿「ベテルギウス」