糖尿病性腎症重症化予防プロジェクトについて

平成25年度から開始している生活習慣病重症化予防事業の今後の取り組みの課題は、事業終了後の継続的支援と事業不参加者への支援ができていないこと。

せっかく研修を受けられた約200名の方々へその後のフォローをどうするか?

全国では、新たなプロジェクトが動き出している。

透析に進めば、患者本人の生活も制限され、医療費負担も増える。

全国的に広まりつつある薬局薬剤師が主治医連携のもとに、患者に対してコーチング技法を使った個別支援を行うプロジェクトの本市への導入については。

答)課題として受け止め、今後の参考にしていく。

やまね温子の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です